PHP PhpStorm

PhpStorm&MAMP環境のデバッグ(Xdebug)の設定方法

投稿日:2018年1月16日 更新日:

Phpstorm&MAMPP環境でデバッガー(Xdebug)を使えるようにする手順の説明です。

面倒ですけど、デバッガーを設定すると開発がめちゃくちゃ捗りますよ!

デバッグ用にダンプ出力したりしている人は、是非この機会にデバック環境を整えて作業効率をアップしましょう!

僕も面倒でしばらく放置していたのですが、やってみたらとても簡単でした。

下記の手順でセットアップすれば30分くらいで終わるかと思います!

今後の開発効率向上の為にも、Phpstorm&MAMPP環境で開発している方は、早めに設定する事をおすすめします!

スポンサーリンク

開発環境(前提条件)

今回デバッグの設定を行う開発環境は下記のような構成です。

  • Phpstorm
  • MAMP
  • MacOS

この開発環境でのデバッグの設定の解説になります。

Xdebugを有効にする

まずは、Xdebugを有効にします。

XdebugはPHP用のデバッガーです。

MAMPにはXdebugが含まれているので、個別にインストールする必要はないです。

php.iniを編集するだけでXdebugが有効になります。

php.iniの場所がわからない場合

※php.iniの場所がわかる方は読み飛ばして下さい。

MAMPのOpen WebStart pageをクリック。

スタートページからphpInfoをクリック。

そうするとphpinfoのページが開きます。

Loaded Configuration File

にphp.iniの場所が記載されています。

php.iniの編集

xdebugの設定箇所がコメントアウトされているので、コメントを解除します。

そして、その下に下記を追加。

これで、xdebugの設定は完了です。

サーバーを再起動して、php.iniの修正を反映させましょう。

ちゃんと設定出来ているか確認したい方は、var_dumpしてみましょう。
出力結果が見やすくなっていればxdebugが正常に動いている証拠です!

xdebug無効の時のvar_dump

xdebug有効の時のvar_dump

PhpStormの設定

続いてPhpStorm側の設定です。

メニューから 実行 > 構成の編集 をクリック。

左上の「+」をクリックして「PHP Web Application」として新規作成します。

サーバーのリストボックスの隣の「・・・」をクリックしてサーバーを追加します。

右上の「+」をクリックして新規作成で下記を入力します。

名前:適当でOK。
ホスト:localhost
ポート:ポートの設定をいじっていないならデフォルトは8888。わからなければ、デバッグ対象のURLの「http://localhost:●●●●/」の●●●●を入力すればOK。

登録したら、デバッグ構成に戻り、下記を入力します。

名前:なんでもOK
サーバー:先程登録したサーバーを選択する。
開始 URL:デバックを開始した際に、最初に表示するページ。特に指定なれば「/」。

ここまで出来たら準備は完了です!

デバック実行

ではデバッグ実行して見ましょう。
適当にブレークポイントをはります。

ソースコードの右をクリックするとブレークポイントを貼ることが出来ます。

ツールバーの虫のボタンをクリックしてデバッグを開始します。

ブレークポイント貼ったURLを叩くと、ブレークポイントを貼った行で停止します。

デバッガーで変数の内容を確認出来ます。

ここまで確認出来ればデバッガーのセットアップは完了です!
お疲れ様でした!

やはりデバッガーは超便利

デバッガーがあると、開発がめちゃくちゃ捗ります!
こんなに簡単に設定できるなら早くやっとけばよかったと後悔しました。笑

なにより、ちょっとした手間で開発環境が整備されるのは気持ちが良いですね!

最後までお読み頂きありがとうございました!

良い開発ライフを!

 

スポンサーリンク


-PHP, PhpStorm

執筆者:

関連記事

PHPで呼び出し階層をデバッグ出力する方法

こんにちわ! こへいんです。 PHPでバックトレースを出力する方法について解説します。 バックトレースというのは、呼び出し階層のようなものです。 エラーが発生した時に、何行目でエラーが発生してどのよう …

【EC-CUBE】CSV出力設定「出力設定リストが入力されていません」エラーで登録できない件の修正方法

EC-CUBE2で作ったサイトのお客様から、CSV出力設定の登録が出来ないとの連絡が。 CSV出力する項目を設定しているにもかかわらず、「※ 出力設定リストが入力されていません。」とエラーになり登録出 …

【PHP】Shift-JISにエンコードしたCSVが文字化けするのはBOMが原因?

PHPでShift-JISに変換エンコードしたCSVをダウンロードする機能を実装したのですが、日本語の文字化けが発生。 この問題がちょっとややこしくて解決するのに時間がかかりました。 なんと文字化け …

PhpStormに乗り換えて良かった!オススメの5つの機能

EclipseからPhpStormに乗り換えて2年目に突入し、迷わずPhpStormのライセンスを更新しました。 PhpStormにはかな〜り満足しています。 開発効率はだいぶ上がったんじゃないでしょ …

【EC-CUBE2】CSVをUTF-8でダウンロードさせる修正方法

デフォルトのEC-CUBE2だと、ダウンロードされるCSVはShift-JISになっています。 おそらく、EXCELでCSVを編集する事を考慮しているのでしょう。 でも、Shift-JISだと困るシー …

フォスターフリーランス
プロフィール

このサイトを運営しているこへいんです。
アングラーのフリープログラマー。 主にプログラミングと釣の話を発信しています。
プログラミングで自由になり思う存分に釣りをしまくる生活実践中。
詳しいプロフィールはこちら