未経験でフリーランスエンジニアしたらどうなるか【現役が解説】

「未経験でもフリーランスエンジニアになれるのだろうか…」と悩んでいませんか?

自由なライフスタイルと高い収入を得られるフリーランス。
なりたいと思ったら、今すぐにでもなりたいですよね。

結論から言えば、未経験でも今すぐにフリーランスエンジニアになることは可能ですが、おすすめはできません。

この記事ではフリーランスエンジニア歴10年以上の僕が、未経験でフリーランスになることをおすすめしない理由を解説します。

目次

理想のフリーランスエンジニア像と現実

どんなフリーランス生活をイメージしていますか?

  • 高い収入
  • 場所にとらわれない暮らし
  • 自由な勤務時間
  • 満員電車からの解放

などなど、フリーランスにはたくさんの魅力があり、それに惹かれてフリーランスになりたいと思った方も多いと思います。

しかし、フリーランスになってもこのようなメリットが必ず得られるわけではありません。

このようなメリットの多くは、最低限のプロとしての仕事ができた上で成り立つことが大半で、未経験のフリーランスが同じような生活をするのは難しいです。

良いイメージばかりが先行していると、思い描いたものと現実がかけ離れていてがっかりしてしまうかもしれません。

未経験者がいきなりフリーランスエンジニアになったら

では、未経験者がいきなりフリーランスになるとどのような現実がまっているのでしょうか。

最初から高収入は期待できない

フリーランスエンジニアの高い報酬に惹かれている方も多いと思います。
実際に年収1,000万も現実的に狙えるのは、フリーランスエンジニアの大きな魅力です。

しかし、フリーランスの世界では誰もが同じように稼げるわけではありません。

実力や実績がものを言う世界です。

未経験者が1,000万稼いでいるエンジニアと同じレベルの仕事をするのは厳しいですよね。

1,000万エンジニアが1日で終わる仕事を、未経験者は5日かかるかもしれません。
その場合、未経験者への報酬は1,000万エンジニアの5分の1でないと割に合わなくなります。

未経験のフリーランスが最初から高収入を得るのは難しいでしょう。

案件によってはサラリーマンと変わらない働き方に

場所や時間にとらわれない自由な働き方は、クライアントとの信頼関係があってこそ成り立ちます。

実際にはクライアント先に毎朝出社する「常駐」という働き方も多いです。

リモートの案件を取れずに常駐の案件を取った場合、生活は会社員の時のそれと変わりません。

平日は毎朝満員電車に揺られ、夜まで働き、
日曜の夕方のサザエさんを見て憂鬱になるのも同じです。

会社や上司からの教育を受けれない

会社員は未経験からでも教育してもらえます。将来に会社に貢献することを期待されているからですね。

給料を貰いながら研修を受けることができたり、実務でも上司から仕事を教えてもらう事ができます。

しかし、フリーランスとなると誰も教育してくれません。

会社員は会社の為に働きますが、フリーランスは自分の為に働きます。
なので、フリーランスを教育するメリットは誰にもないのです。

そのため仕事と並行で独学で勉強もすることになります。

寝る間も惜しむ努力が必要になるかもしれません。

このように、未経験者がいきなりフリーランスエンジニアになったとしても、思っていた生活とはかけ離れたものになる可能性が高いのです。

今すぐフリーランスエンジニアになる方法

これまで述べたデメリットにも納得したうえで、収入や環境が悪くても、とにかく今すぐフリーランスになりたいという場合、フリーランスになること自体は可能です。

単価や業務内容などを妥協すれば、クラウドソーシングを利用して未経験者でも案件を取得できます。

実際に僕の嫁は未経験での案件獲得に成功しました。

ただ、未経験からいきなりフリーランスになるのは、挫折するリスクが大きいのでおすすめできません。

それでもどうしてもという場合は、会社員をやりながらクラウドソーシングで仕事を受けてみるのが良いかもしれませんね。
会社を辞めなければリスクはないので、ノーリスクでフリーランスを体験することができます。

クラウドソーシングで案件を受注する方法はこちらの記事をご覧ください。

おすすめは就職してエンジニアになることから

未経験でフリーランスになることも可能ですが、厳しい部分もあり万人におすすめできるものではありません。

フリーランスになったとしても、思い描いていたフリーランス像とはかけ離れたものになって挫折してしまうかもしれません。

まとめ:未経験でフリーランスエンジニアになるデメリット
  1. 収入が低い
  2. 時間と場所が自由とは限らない
  3. 会社から教育を受けることができない

そのため、僕は未経験からいきなりフリーランスになるのではなく、まずは就職して会社員として経験を積むことをおすすめしています。

未経験からエンジニアになる方法は下記の記事で解説しています。

僕はフリーランスになって本当に良かった思っています。

時間と場所の自由。経済的な余裕。

これらをフリーランスになることで手に入れることができました。

この記事が少しでもフリーランスを目指すうえで参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがというございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次