フリーランス

フリーランスエンジニアのはじめてのクラウドソーシング受注戦略

投稿日:

こんにちは!

コンピューター音痴の嫁さんに、一からプログラミングを教えている、こへいんです。

嫁さんにプログラミングを教えるって超大変ですよ。

めちゃくちゃ苦労しております。

どんな苦労をしているか気になる方はこちらの記事をどうぞ。

でもですね、ついに努力が実りました!

ついに嫁さんが、クラウドソーシングで初めてのお仕事を受注したのです!!

これはめでたい!

嫁さんがフリーランスエンジニアとしてデビューしたわけです!

クラウドソーシングで仕事を取るって難しいイメージがあるのですが、僕が考えた戦略がハマってくれたようです。

戦略といっても、継続して数をこなすってだけなんですけどねw

今回はこのクラウドソーシングで仕事を受注する戦略の詳細を記事にしてみたいと思います。
クラウドソーシングで仕事を取ってみたい方の参考になればいいなと!

スポンサーリンク

営業は数が大事

クラウドソーシングで、案件を取りに行くのって、ようは営業活動ですよね。

で、営業って数が大事なんですよ!!

kohein
にゃんす

…。

kohein
こへいん

営業経験のないコミュ障プログラマーが言っても説得力ないよね…

これは受け売りの言葉なんです。

でも、本当に納得でして、クラウドソーシングにも共通します。

クラウドソーシングサイトで、人気なプログラミング案件には沢山の応募があります。

1件の案件に20人の応募なんてザラです。

この場合、単純に計算すると案件を取れる確率は5%。

20回応募して、ようやく1件取れる確率なんですね。

計算式にするとこんな感じ。

応募回数(20回) × 成約率(5%) = 成約数(1件)

実際には、実績やプロフィールやメッセージでのアピールなどに左右されるので、確率論だけで語れるものではないですが、応募回数を増やせば増やすほど、成約できる数は増えるのは確実です。

さらに、場数を踏むことで、それが身になり、プロフィールやメッセージの質を向上させていく事にも繋がるでしょう。

このことから、”数は正義”と僕は確信しています。

ルーチンで数をこなそう

とはいえ、応募の数をこなすって辛いですよね。

採用されなければ、毎回へこむでしょう。
自信もなくなり、応募する気力もなくなります。

いずれ、クラウドソーシングサイトを開かなくなり、フリーランスへの道は閉ざされるってパターンも多いのではないでしょうか?

営業マンでもないエンジニアの僕らが、自分の尻を叩いて営業の数をこなすなんて、並大抵の事じゃありません。

こういうのって、根性でやろうとするとだいたい失敗します。

根性とかやる気って、継続性ないですから。

だから僕のオススメは、超ハードルを下げたノルマでルーチンにする事。

全く辛くないレベルでルーチンにして、あとは思考停止で黙々とこなすだけ。

これならメンタルも痛みませんし、少しずつではありますが確実に努力は積み上がっていきます。

ちなみに僕は、この方法でこのブログもコツコツと継続しています!

1日1件案件に応募すればいずれ受注できる

そこで嫁に提案したのが、”1日1件案件に応募する”事。

継続する為のコツがあります。

案件の条件などはあまり気にしない事。

思考停止して”1日1件案件に応募する”ことだけを考えます。

”1日1件案件に応募する”事が目的で、案件が取れるか取れないかは気にしてはいけません。

やるべき事に集中して、結果を気にしない事です。

あれこれと、細かい事や先の事を考えるとやる気がなくなっちゃうんですよね。

 

嫁さんはこの方法で、1週間くらいで仕事が取れてしまいました。

実際には5件くらいしか応募していないわけですが、このルーチンがなかったら5件も応募せずに諦めていたんじゃないかなと思います。

 

1日1件に拘る必要はなくて、それぞれ自分にあった、負担のない継続可能なノルマを設定すると良いでしょう。

1週間に1件でも、1日3件でも、継続できるならOKです。

まとめ:クラウドソーシングで仕事を取るのは難しくない!

実際にクラウドソーシングサイトを見ると、経験豊富なエンジニアが同じ案件に応募していたり、初心者でもできる案件は人気で応募が多かったりで、無理ゲーに感じる方も多いかもしれません。

でも、案件の数も多いので、継続して応募を続けていけば、いずれは受注出来るのがクラウドソーシングの良いところです。

嫁さんが利用したのは、クラウドワークス
案件も豊富で使いやすい、メジャーなクラウドソーシングサイトです。

 

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

クラウドソーシングは、手軽なぶん単価が低いのがデメリットですけどね。

高単価の在宅案件を取りたい方はこちらの記事もどうぞ!

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


-フリーランス

執筆者:

関連記事

【フリーランス】リモートワークの6つのメリット

こんにちは。 こへいんです。 フリーランスになった当初は常駐案件ばかりやっていたのですが、ここ数年はずっとリモート案件を受けています。 はじめはリモートワークならではの苦労もありましたが、今では快適な …

フリーランスがクレジットカードを分ける必要性

こんにちは! こへいんです。 フリーランスがクレジットカードを分ける必要性について。 結論から言うと、”確定申告が劇的に楽になるから”です。 かくいう僕は、フリーランスになった当初はクレジットカード一 …

30代フリーランスエンジニアの老後に向けた資産運用

こんにちは! こへいんです! 20代半ばでフリーランスになり、今までは将来の事など心配もせずに生きてきました。 ですが30歳を超えて結婚もすると老後の事を心配するようになってきました。 僕たちフリーラ …

ポモドーロ・テクニックは工数管理にも役立つ!【フリーランスの活用法】

こんにちは。こへいんです! 今回は、フリーランスの時間と工数の管理に役立つツールをご紹介します。 実際に僕は数年間使い続けているツールでして、劇的に業務効率が改善しました。 作業時間短縮から作業工数の …

フリーランスエンジニアがリモート案件を取る方法

こんにちは! こへいんです! せっかくフリーランスになったのならリモート案件を受注すると自由度がぐっと上がります。 僕はここ数年フルリモートで働いています。 毎日通勤するのに満員電車に乗らなくても良い …

プロフィール

このサイトを運営しているこへいんです。
アングラーのフリープログラマー。 主にプログラミングと釣の話を発信しています。
プログラミングで自由になり思う存分に釣りをしまくる生活実践中。
詳しいプロフィールはこちら 
フォスターフリーランス