VBAをSublimeTextで開発

開発するうえでエディターって重要ですよね。

やはり、使い慣れたエディターで開発したいものです。

VBAの標準のエディターに慣れないので、むりやりSublimeText3で開発する環境を作ったのでその方法を共有します。

目次

SublimeText3にVBのシンタックスハイライトを追加する

SublimeText3にはデフォルトだとVBのシンタックスハイライトがないので追加します。

下記からシンタックスハイライトのファイルをダウンロード。
https://github.com/angryant0007/VBDotNetSyntax

SublimeTextのメニュー Preferences > Browse Packages で開くディレクトリに、先ほどダウンロードしたファイルをフォルダごと置くとシンタックスにVBAが追加されます。

これでSublimeTextVBAを開発する環境が出来ました。

ExcelからVBAソースをエクスポートしてSublimeTextで読み込む

SublimeTextの準備は整ったので、次はExcelからVBAのソースコードをエクスポートしてSublimeTextで読み込めるようにします。

ファイル数が多い場合はVBAのソースを一括で出力して、SublimeTextでプロジェクトとして管理すると開発も捗りますね!

標準の機能でソースコードをエクスポート出来るのですが、ファイル1つ1つ行わなければいけないで面倒です。

下記のサイトのアドオンを入れると、一括でエクスポート出来るのでオススメです!

VBAマクロのモジュールをエクスポート /VBAマクロのモジュールをエクスポート

アドオンを入れるのに抵抗がある方はこちらも参考になるかも。

Excel VBAでモジュールをエクスポートするコード

これでSublimeTextでVBAを開発出来るようになりました!

まとめ

やっぱりSublimeTextにするだけでかなりストレスフリーに開発出来ます!

ただ、エクスポートして修正したファイルをインポートする方法はまだ調べていないんです。

すみません…

のちのち調べたら追記しますね!

最後までお読み頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次