フリーランス

フリーランスエンジニア・プログラマーの在宅リモート案件を取るノウハウ

投稿日:2017年10月9日 更新日:

こんにちは!
こへいんです!

僕はフリーランスとして仕事をするなら断然、常駐より在宅リモート派です。

僕はここ数年フルリモートで働いています。
毎日通勤するのに満員電車に乗らなくても良いですし、好きな時間にジムや釣りに行けます。
仕事をしながら日本一周したり離島に移住したりと悠々自適な生活をおくれています。

僕はこの自由なライフスタイルが大好きなので在宅リモート一択なのです。

とはいえ、僕はフリーランス独立当初は在宅で出来る案件を取れずに仕方なく常駐の仕事ばかりやっておりました。
常駐の案件は比較的に簡単に取れるのすが、在宅となると案件自体がなかなか無いんですよね。

ようやくリモートで安定して稼げるようになったので、在宅リモート案件の仕事を取るノウハウをお伝えしています!

スポンサーリンク

在宅(リモート)案件が取りにくい理由を理解しよう

実際に探してみるとわかるのですが在宅やリモートが可能な案件ってほとんど見つからないんですよ。
常駐の案件は沢山あるのにです。

クラウドソーシングのサイトにはリモートのプログラミング案件もありますが低価格なものがほとんどです。

なのでネットで在宅案件を探すのってかなり難しいのです。
僕はほぼ無理かなと思っています。

なぜか?

そもそもリモートを許可している案件がないのか?

そのな事はありません。
リモートで仕事をしているエンジニア・プログラマーはたくさんいます。

答えは、“信頼していない相手にリモートで仕事を任せられない”からです。

それもそのはずですよね。
一緒に仕事をしたこともない人に家で仕事やって良いよって任せられますか?

ましてや、ソースコードやサーバーのアクセス権などを渡せますか?

ほとんどの会社がこれが無理なのです。
むしろそれは当然ですし、健全な会社と言えると思います。

信頼関係なくして在宅案件を取るのは難しいということです。

これが常駐案件より在宅リモート案件のハードが高い理由です。

では、どのように在宅リモート案件を取ればよいのか。
僕が実際に在宅リモート案件を取ることが出来たその方法を解説していきましょう。

既存の人脈を利用しよう

まず、意外と見落としがちなのは既にある人脈です。

下記のような人脈から仕事を貰えるケースがあります。

  • 独立する前に勤めていた会社
  • 過去に常駐していた会社
  • 同業の友人

一緒に仕事をした事のある会社や普段から仲良くしている友人とは既に信頼関係が気づけています。

まずは既にある人脈から仕事を貰えないか当たってみましょう。

僕は、中学校時代の友人から仕事を紹介して貰った事もありますし、円満退社だったので過去に勤めた会社2社とフリーランスになってからも仕事の付き合いをさせて貰っています。

既に自分の事を認めてくれている人たちから仕事を貰うのは色々な面で有利なのでオススメです。

また、フリーランスになったことを周りに伝えておくことも大切です。

こちらからアプローチしなくとも、向こうから仕事の依頼が舞い込んでくることもありますので!

自分でも気づかぬうちに価値のある人脈は構築されているもです。
それに気づかず利用しないのはもったいないですね。

今ある人脈から仕事を受注できないか検討してみましょう。

常駐案件を在宅案件に変える

とはいえ、都合よく人脈で仕事を取れたら苦労しませんよね。

以前勤めていた会社がリモートNGだったり、知り合いには頼りたくないという人もいるでしょう。

それに既存の人脈からだと仕事の選べる幅が狭まります。
磨きたい技術があるなら、その技術を使っている案件を選びたいものです。
既存の人脈からそのように仕事を選ぶのは難しいかもしれません。

もうひとつの在宅案件を取る方法があります。
僕としてはこの方法がメインになるかなと思っています。

仕事も選べますし、人脈も不要なので誰でも出来る方法になりますので。

それが“常駐案件を在宅案件に変える”という方法です。

常駐案件であればエージェントを利用すれば、比較的カンタンに取れます。

最初は常駐で受注して、その後に在宅リモートに切り替えてもらうというアプローチにするのです。
最初から在宅やリモートはNGでも、リモートでの作業自体は許可している会社は意外と多いものです。

エージェントに、在宅作業に理解のある会社を紹介して貰うようにお願いしましょう。

最初に在宅希望の旨を伝えて常駐に入れば、信頼関係が築けた頃に常駐を許可してくれると思います。

実際に僕はレバテックで常駐案件を取る際に、在宅案件希望の旨を伝えて仕事を紹介してもらい、1ヶ月後には客先からリモート許可を貰いフルリモートにして貰いました。

一度常駐して信頼されれば在宅リモートも許可してもらえるのです。

まとめ:在宅リモート案件を取るには信頼が必要

フリーランスのプログラマー・エンジニアが在宅リモート案件を取る方法でした。

在宅リモートの案件を取るには、信頼関係が必要です。

既に信頼関係を気づけいている所から仕事を貰うか、常駐案件で信頼関係を築いて在宅リモートを許可して貰うのが近道かなと思います。

これからフリーランスになろうと考えている人はこちらの記事もご参考にどうぞ!

最後までお読み頂きありがとうございました!

良いフリーランスライフを!

スポンサーリンク


-フリーランス

執筆者:

関連記事

無料のフリーランス向け損害賠償保険で身を守ろう

フリーランスの身からすると、損害賠償って恐ろしいですよね。 幸いにも今までに損害賠償を請求されるような事はありませんでしたが、ネットの情報を見るとチラホラと悲惨な事案もあります。 これからも長くフリー …

30歳フリーランスプログラマーが老後の資産計画を考える

こんにちわ! こへいんです! フリーランスになってもう7年も経過しました。 今までは将来の事など心配もせずに生きてきましたが、30歳も超えて結婚もすると老後の事が不安になってきます。 僕たちフリーラン …

【レビュー】マネーフォワードクラウド確定申告に乗り換えて良かった!

こんにちは! こへいんです。 もうすぐ確定申告ですね! 僕はようやく準備を始めました。 今年で、個人事業主としての7回目の確定申告になります。 毎年毎年、面倒な作業ですよね… これまでは弥生のインスト …

パソコン超初心者の嫁さんが旅するライターになったので実態を聞いてみた!

こんにちは! 家無し移動ノマド生活中のこへいんです。 この移動生活中に嫁さんが新しい仕事始めました。 仕事を始めると言っても、僕たちは拠点を持たない遊牧民のようなもの。 普通の仕事は出来ません。 そこ …

プログラマーがフリーランスで稼ぐのは割と簡単だと思う理由

こんにちわ!こへいんです! フリーランスになってから7回目の確定申告を迎えようとしています。 もう丸七年もフリーランスのプログラマーとしてやってきたんですね。 もうベテランって言っても良いでしょうか? …

フォスターフリーランス
プロフィール

このサイトを運営しているこへいんです。
アングラーのフリープログラマー。 主にプログラミングと釣の話を発信しています。
プログラミングで自由になり思う存分に釣りをしまくる生活実践中。
詳しいプロフィールはこちら