プログラミング

【EC-CUBE】メールテンプレートを追加する方法

投稿日:2017年2月8日 更新日:

EC-CUBE2でのメールテンプレートの追加方法のメモです。

スポンサーリンク

マスターデータを登録する

まず、マスターに追加するテンプレートの情報を登録します。
システム設定>マスターデータ管理mtb_mail_templateに対象となるデータを追加します。

続いて、mtb_mail_tpl_path に対象となるテンプレートのパスを追加します。
IDはmtb_mail_templateで登録したIDと合わせましょう。

パスは、他のテンプレートと合わせて、「mail_templates/任意のファイル名としましょう。

テンプレートファイルを追加する

mtb_mail_tpl_pathに登録したファイル名でテンプレートファイルを設置します。
場所は、EC-CUBEのディレクトリ配下の

data/Smarty/templates/default/mail_templates/任意のファイル名

になります。

ファイルの中身は任意で記載出来ますが、メール設定で登録するヘッダーとフッターを反映するには、
下記のように、ヘッダーとフッターを出力するタグを忘れないようにしましょう。

タイトル・ヘッダー・フッターを登録

ここまで登録すると、基本情報管理>メール設定にて、マスタ管理で登録したメールテンプレートが編集可能になります。

タイトル・ヘッダー・フッターを登録しましょう。

これで、メール送信出来るようになります。

受注管理からメールの個別通知で確認してみましょう。

まとめ

EC-CUBEではほとんどプログラムを触らずにメールのテンプレート追加できます。

メールに動的な情報を入れたい場合は、少しプログラミングが必要になるかもしれませんが、基本的にはこの方法でテンプレートを追加してからプログラミングする事になります。

最後までお読み頂きありがとうございます!

スポンサーリンク


-プログラミング
-,

執筆者:

関連記事

駆け出しエンジニアは問題解決力を身につけよう【フリーランスエンジニアが解説】

こんにちは! DENです。 駆け出しエンジニアの頃は躓きの連続です。 思ったように動かず、1つ問題を解決してもまた別の問題が発生して全然前に進みません。 エンジニアで一番辛い時期が、この駆け出しエンジ …

ネーミングツールで快適プログラミング。エンジニア必携のcodic

関数名や変数名のネーミングって割と時間かかります。 Google翻訳使ったりしても、しっくりくる英単語が見つからなかったりします。 本来の開発に集中したいので、こんなことに時間を無駄にしたくないですよ …

VBAをSublimeTextで開発

開発するうえでエディターって重要ですよね。 やはり、使い慣れたエディターで開発したいものです。 VBAの標準のエディターに慣れないので、むりやりSublimeText3で開発する環境を作ったのでその方 …

ERMasterを使うなら知っておきたい機能

ERMasterは、本当に便利なDB設計ツールですね。 神ツールの言われるのも頷けます。 使い方もとても簡単で、データベースの知識があれば違和感なく使い始められると思います。 ただ、簡単に使えてしまう …

Visual Studioのデバッグで変数のウォッチができない原因

Visual Studioでデバッグしてたら、ウォッチ出来ない変数が。 こんなエラーです。 CXX0017: エラーです: シンボル “hoge” が見つかりません ウォッチ出 …

プロフィール

このサイトを運営しているDENです。
アングラーのフリープログラマー。 主にプログラミングと釣の話を発信しています。
プログラミングで自由になり思う存分に釣りをしまくる生活実践中。
詳しいプロフィールはこちら 
フォスターフリーランス