フリーランス

【クラウドソーシングの怖い話】嫁がブラックなライティング業者で働いて離婚の危機に!

投稿日:2018年12月13日 更新日:

こんにちわ!こへいんです!

日本一周旅行中に嫁さんがクラウドソーシングでライティングの仕事を始めたんです。

はじめの頃は文句を良いながらも頑張っていたのですが、それから数ヶ月。

辞めました!!

いや、でも辞めて良かったんですよ!
僕も辞めてくれってお願いしていたくらいですからね。

ライティングの仕事を発注しているクライアントがエグすぎてですね。
それはもう離婚の危機になるほどに!

今回はこのブラックなライティング業者のお話です。

スポンサーリンク

異常な低賃金と1日中発生する作業はブラック企業超え?

なにをもって僕がこのクライアントをブラックと認定するのか、まずはそこからお話しますね。

異常なほど賃金が安い

1記事50円という単価設定なのですが、1記事あたり少なくとも2,000文字以上で、だいたい3,000文字〜5,000文字くらい書くんです。

5,000文字書いた場合の文字単価にすると、0.01円です。
5,000文字の半分の2,500文字の場合だと0.02円ってことになります。

0.01円ってどれだけ安いかはライターの仕事を知らない人にはわからないと思います。

通常のライターさんが仕事を受けるラインがだいたい1円以上みたいなんです。
安くても文字単価1円以上の仕事を受けましょうって書かれているブログが多いですね。
(詳しくないので調べました)

ということは、ライターさんが考える最低ラインのさらに100分の1の文字単価なんです!!

いやあ、ありえないですよね。

100分の1ってw

プログラマーで言ったら、1日働いて300円ってとこでしょうか。

いやいや、例え何もできない新人でもありえない単価ですね!

どんどん増える作業と責任

こんなに安い賃金で雇っていておいて、感謝されるどころかたっぷりこき使われるんです。

1日中チャットワークで上司からも後輩からも連絡きっぱなしで、その対応だけでも何時間もかかります。
しかも給料は時給制ではないので、チャット対応は無償労働です。

レスポンスの遅い人はクビらしいので、即レス必須という地獄。

そして1,2ヶ月もすると、リーダーに昇格して責任と作業量が格段にアップするんですよ。
リーダーになると、土日平日昼夜関係なくチームメンバーから記事の添削依頼が来ます。
記事作成の回転を良くする為に、基本はすぐに添削してくてはいけません。
ここまでやっても、記事単価は据え置きですw

僕は嫁さんの横で、フルタイムの作業量でプログラミングの仕事をしていましたが、明らかに僕より嫁さんの方が働いてました。
それなのに、1ヶ月働いても僕の時給にすら届かないのですよ。ひどすぎる…

クライアントは養分に育てるプロだった

これでは本当に養分ですよ。

「そんなの好きでやってるんだから、辞めれば良いじゃん!」って思いますよね。
「辞めれるのに辞めないんだから自業自得でしょ」って。

僕も嫁さんの仕事があまりに増えてきて生活にも影響が出てきたのでさすがに、「辞めて欲しい」と頼むようになりました。

でも、辞めてくれないんですよ。

この話をするたびに、大喧嘩に。
離婚騒動になる事もありました。

「こんなにひどい条件で働かせているのに辞めないなんてバカなのか?」
って思うでしょうけど、このクライアントは100人以上の人を同じ条件で雇っているんですよ。

100人ですよ!
すごい数ですよね。どんどん人を雇って現在進行系で人が増えていました。
100人の人を奴隷のように低賃金で働かせまくるという。

まるでピラミッドを作るかのようにサイトを作っていましたね。

だから、嫁さんが特別なわけではなくこのクライアントがすごいんですよね。
当事者になれば誰でも同じような状況なりえると思うんです。

損をしたくない感情を利用する

毎日のように下記のようなメッセージをテキストや動画で刷り込まれます。

  • ここで数ヶ月頑張れば必ず稼げるようになります!
  • 来月には〇〇を教えます!
  • ここでやめたら社畜に後戻り!
  • ここには他では学べなノウハウがあります!

やめたらもったいないっていう気持ちにさせるんですよね。
あと、給料が発生するのも20記事ごとなので、途中離脱するとお金的にも損をするという仕組みになっています。

とりあえず20記事までやってやると頑張っている間にこの刷り込み。

20記事書き終わる頃には、リーダー昇格のお話がきます。
「とても才能があるのでリーダーにならないか?」と。

リーダーになったら、今より沢山の事を学べるよって言うんですね。

それで嫁さんはリーダーになりました。

責任感が生まれる組織作り

リーダーを引き受けると責任が生じるんでよ。

チームには、6人くらい人がいてそのリーダーです。

クライアントはあまり直接新人とかかわらないので、リーダーがチーム内のメンバーを管理します。

チームメンバーから頼りにされているので、責任感の強い人はなおさら辞められなくなります。

また、チーム対抗のイベントが頻繁に行われるので、これもチーム内で責任感を高める一因になっていますね。

クライアントはどうでも良いけど、仲良く一緒に仕事してきた仲間に迷惑をかけたくないって思うんですよ。

嫁さんは完全にこれでした。
クライアントの事は嫌っていましたが、ライターの人たちとは本当に仲良くやっていました。
とても良い人や優秀な人が沢山いるんですよね。

でもその人達との信頼関係が原因で辞めれなくなるというジレンマに。

クライアントの分析はこの辺にしましょう。笑

クラウドソーシングにはブラックな業者もいる

僕の嫁さんは数ヶ月してなんとかこの業者か身を引いてくれました。

その後、このクライアントに対してライターたちがストライキを起こしたそうです。

そりゃそうなるわなって感じですが。

これ以外にもクラウドソーシングってけっこうブラックな業者がいるんですよ。

嫁さんが少しクラウドソーシングしただけでも下記のような案件が多かったですね。

低単価だけど技術を教えます系

これは今回のケースですね。

当然ですが技術を教えるのではなく、低単価で働かせるのが目的です。

技術をどこまで教えてくれるっていう事は具体的に明記されていないと思います。
技術というお金より抽象的な報酬にする事で、報酬に対してずっと大きい労働を強いられるケースが多いです。

「もしかしたら本当に教えてもらえるかもしれないから少しだけやってみよう!ダメならすぐ辞めるし!」って軽い気持ちで入るのは危険です!
クライアントは心理学のプロだったりするので、どっぷりハメられて奴隷のよう働かせられるかもしれません。

マッチングサイトに登録させる案件

このURLからマッチングサイトに登録したら50円とかで仕事を募集しています。
仕事受けた人がURLを踏んで登録すると、クライアントにはアフィリ報酬が1,000〜3,000円とか入ります。

賢いと言うかセコいと言うか…笑

洗脳目的な案件

1週間の間、自己啓発系のメールが送られてきて毎日感想文を返信するという仕事。
洗脳しようとしているのでしょうか…

どうも情報商材を売りたいみたいですね。

これらの案件はどれも超低単価です。

クラウドソーシングの初心者歓迎の低単価帯にこのような案件が多いです。

クラウドソーシングは賢く使おう

初心者歓迎の仕事に何も知らない初心者を狙ったたちの悪い案件が多いのは事実です。

このような案件に引っかからないように賢く利用しないと悪徳クライアントの養分にされてしまいます。

クライアントの目的を見極めよう

クライアントの目的が「成果物(記事やソフトウェア)」というのが普通なのですが、そうじゃない事があります。

前述のような、情報商材を売るための洗脳だったり、マッチングサイトに登録させてアフィリ報酬を受取るためだったり。

それでもお金貰えるから良いんだって言う人もいるかもしれませんが、ちょっと考えてみてほしいのです。

仕事っていうのは誰かに「価値」を提供する事だと思うんですよ。
これらのケースって誰にも価値を提供していないと思うんですよね。要は誰の役にも立っていない。

情報教材を買ったり、サイトに登録すればクライアントの財布が潤うかもしれませんが。

誰かの役に立つ「成果物」を生み出す仕事をしてスキルを身に着けていかないと、いつまでも低単価の仕事しか出来ません。

お金の損得勘定を身につける

今回お話した単価は少ないけど技術を教える系の案件ってとても損だと思うんですよね。

確かに低単価でも労働力以上に学べる事が多ければお得かもしれません。

「労働力以上に学べる事が多ければ」です。

例えば、1ヶ月100時間この仕事をしていて、3ヶ月やれば稼げるようになるという話だったとします。
(おそらくほとんどのケースが3ヶ月たっても対したノウハウを学べていないと思いますが)

その時間をお金に換算してみましょう。
仮に時給1,000円で計算してみます。

100時間 × 3ヶ月 × 1,000円 = 300,000円

なんと30万円にもなるんですよ。かなりの高額じゃないですか?

どこの誰かもわからない業者にこの金額を渡して勉強させて貰うんだったら、ちゃんとしたスクール通ったほうが良いと思うんですよ。

例えばCodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコース(2ヶ月)プラン148,000円です。
半額でWeb関連の技術を学べるんですよ。

30万円分の労働力本当に技術を学べるかわからない業者に渡すのと、
技術を教える事を生業としているスクール15万円払って教えてもらうのどっちが良いかって話です。

ライティング専門のクラウドソーシングサイトを利用する

また、ライターとして稼ぐならライテイング専門のクラウドソーシング【サグーワークス】を利用するのも良いと思います。



まとめ

初心者がクラウドソーシングで稼ぐのも大変な道のりですよね。

これからクラウドソーシングで仕事をするぞって人は、たちの悪い案件につかまらないように気をつけてくださいね。

ちなみに、嫁さんはブラックな案件にどっぷりハマりました。
僕はもう辞めさせる事が出来ないと諦めてました。
ところが沖縄に3日くらい滞在したら、何も言わなくても辞めてたんです。笑

沖縄って仕事のやる気を無くさせる力があると思うんですよね。
僕は沖縄にいくと毎回この雰囲気のせいで仕事にならず困っていたのですが、今回に至ってはプラスに作用したようです。

仕事を辞めたいのに辞めれない人は、沖縄に行くと気持ちが変わるかもしれませんよ!
沖縄は仕事なんて頑張るもんじゃないよーって思わせてくれる不思議なチカラある気がします。

でわでわ、最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


-フリーランス
-,

執筆者:

関連記事

【フリーランスエンジニア】在宅プログラマーという最高のワークスタイル

こんにちは。 こへいんです。 常駐をやめて完全在宅になって4年程たちました。 僕みたいな人間にとって、家で仕事出来るって最高です! もう常駐には戻りたくないですね。 今回は在宅案件のメリットを語ってい …

【現役フリーランスがレビュー】 ”いきなりはじめるPHP”は入門にオススメ

こんにちは! こへいんです。 今回はPHPの入門書”いきなりはじめるPHP”のレビューです! いきなりはじめるPHP posted with ヨメレバ 谷藤賢一 リックテレコム 2011年12月 楽天 …

30歳フリーランスプログラマーが老後の資産計画を考える

こんにちわ! こへいんです! フリーランスになってもう7年も経過しました。 今までは将来の事など心配もせずに生きてきましたが、30歳も超えて結婚もすると老後の事が不安になってきます。 僕たちフリーラン …

デメリット無し!FREENANCE(フリーナンス)で無料のフリーランス保険に入れる!

こんにちは! こへいんです。 フリーランスは、会社という後ろ盾がないので、基本的には自己責任の世界。 僕もECサイトの開発や、ドローン関係のシステム開発をしているので、常に過失が発生する可能性がありま …

【フリーランス必見】ポモドーロテクニックで自由な時間を取り戻そう

憧れだった在宅ワーク生活。 通勤しなくていいし、いつ仕事をしてもいいし、いつ休んでもいい。 そんな自由な在宅ワーク生活。 でも実際にやってみると。 次から次に出てくるタスク。 頭の中は朝から晩まで仕事 …

フォスターフリーランス
プロフィール

このサイトを運営しているこへいんです。
アングラーのフリープログラマー。 主にプログラミングと釣の話を発信しています。
プログラミングで自由になり思う存分に釣りをしまくる生活実践中。
詳しいプロフィールはこちら