フリーランス

フリーランスエンジニアの離島移住にデメリットは無い!

投稿日:2019年11月17日 更新日:

こんにちは!
DENです。

僕はとある離島へ移住して暮らしています。
フリーランスエンジニアとして活動しているので、離島にいながらリモートで東京の仕事をしています。

暮らしてみて思うのは、デメリットがほぼない事。
よく言われる田舎移住のデメリットを感じた事がありません。
それはフリーランスエンジニアだからという部分も大いにあります。

デメリットを感じないので、離島暮らしは本当に快適で控えめにいっても最高です!

僕も移住する前は、人の話やブログに書かれているデメリットを見て不安にもなりましたが、全然余裕でした!

という事で、フリーランスエンジニアが離島へ移住してもデメリットを感じなかったというお話。

kohein
DEN

この記事はレバテックさんのサイトで紹介して頂きました!
よかったらレバテックさんの記事も御覧ください。
地方で暮らしたいフリーランスのためのお役立ち情報

スポンサーリンク

離島で首都圏の仕事が出来るフリーランスはもはやチート

僕は、移住する前に契約しているクライアントと離島移住後も契約を継続しています。
なので、離島にいながら首都圏にいた時と同じ収入を得ています。

これって、かなりでかいです。

周りの移住者をみると、現地で仕事をする事の悩みをよく聞きます。
田舎は首都圏に比べて給料が安いし、職場での人間関係で悩む移住者もいます。

リモートで仕事してれば、土地柄の仕事の悩みとは無縁。

どこへ行っても仕事関係で悩む必要がないフリーランスエンジニアはかなり恵まれていますね。

人間関係のトラブルもない

フリーランスエンジニアとして軌道に乗ると、いろいろな意味で自立した状態になります。
会社やコミュニティーに依存しなくても、暮らしていけるようになります。

これは離島へ移住してもメリットになります。

田舎へ移住するとよそ者として村八分にされるなんて話を聞きますが、このような事も今の所無縁です。

というのも、自立できているので島の中で誰かに依存したりコミュニティーに入る必要がありません。
極端な話、面倒くさそうな人とは関わらず、好きな人とのみ関係をもてば良いだけです。

ですので、今まで人間関係で困った事はありませんし、これからも無いだろうなと思っています。

移住者同士は友達になりやすい

田舎に移住すると友達が出来ない問題。

僕は、もとからあまり他人に興味がないので、移住先で友達が出来なくても良いやと思っていました。
なので積極的に人と関わるような活動をしていないのですが、それでも何人か友達といえるような人が出来ました。

今では、頻繁に遊びや飲みに誘ってもらって、関東にいる時よりも友達と遊ぶ回数が多いのではと思うほど。
関東にいると、みんな仕事もあるし、住む場所も離れたりであまり頻繁に集まれませんからね。

離島だと、みんなの家の距離が近いので気軽に飲みに行ったり出来るんです。

その友達は、島の人もいますが、その殆どが移住者。

大抵の移住者は、慣れない土地に単身でやってきて寂しさを感じているので人との繋がりを欲していますし、ベテランの移住者も新規の移住者の気持ちをわかってくれるので、よく遊びや飲み会に誘ってくれるんです。

僕は人見知りなので積極的に人と関わるタイプではないのですが、普通に暮らしているだけで知り合いが増えていきます。
都会にいた頃では考えられないですね。

今では友達が増えるのも良いものだなと思っています。
また島での関係から仕事に繋がりそうな話もチラホラと出てきているので、仕事の面でもプラスになりそうです。

交通の便も思ったより悪くない

場所によると思いますが、離島ってわりと交通の便も悪くないかなと思っています。

というのも、空港や港へ車で10分とかでアクセスできちゃうんですよ。

関東にいた時は、空港まで1時間程かかりました。
駐車場の料金も高いし、電車でキャリーケースを引いていくのもだるいし。

島にいると、サクッと空港にいけちゃうのはありがたいですね。
もちろん、そこから主要な空港に乗り継がないと目的地にいけないのですが、空港へのアクセスの良さを考えるとそこまで悪くないかなと思います。

あらゆるものが凝縮されている島ならではのメリットです。

友達が遊びに来た時なんかも、空港まですぐに迎えに行けちゃうのは良いですね!

ネット回線も仕事に支障なし

僕の住んでいるエリアは光回線が繋がります。

夜間になると多少混み合って、動画は画質が荒くなったりしますが、仕事をする分には全然支障がないですね。

ネットが安定している事は仕事柄、最も重要なのですがこれもクリアです。

生活コストは安くなった

生活費も安くなりました!

純粋の生活費については、家賃は安くなりましたが、ガソリン代やガス代なんかは離島の方が高いので、そこまで安くなった感覚はないです。
遊びに使うお金が圧倒的に減りました。

田舎って娯楽が少ないんですよ。
だから遊びにお金を使うことがあまりないです。

飲み屋もリーズナブルですし、キャバクラのようにお金を使うお店もありません。

娯楽が少ないのはデメリットでもありますが、遊びに浪費せず、やるべき事に集中出来るのでこの環境を気に入っています。

虫のトラブルも大したことなかった

よく言う田舎の古民家の虫のトラブル。
虫は友達だと思えなんて言われていたり。

虫が苦手なので、この事を一番心配していました。

今は築年数不明のそこそこ古い一軒家に住んでいます。
イメージとしては、昔ながらのおばあちゃんちという感じ。

内見に行ったときにGの死骸を見ていたので、これはやばいなと思いましが、嫁さんが気に入ったのでこの家に決めました。

それでもどうしても虫と暮らすのは嫌だったので、出来る限り対策しました。

引越し前にバルサンを炊き、ブラックキャップを配置、怪しい隙間は埋めました。

すると、思ったよりは虫が出現する事はありませんでした。
最盛期で月に1〜2匹Gが出現する程度。

このくらいなら許容範囲です。

まとめ:田舎移住のデメリットは気にするほどじゃない

離島に移住する前は、色々と田舎移住のデメリットをブログなどで見ていて不安にもなりましたが、実際に移住してみると別に大したことはありませんでした。

もちろん多少不便だったりする所はありますが、メリットの方が上回りますね。

離島に移住するっていうと、周りから大変だよ〜と言われたり、移住して苦労した人のブログを見たりして不安になる事もあると思います。

でも、やってみれば大したことないものです。

特にフリーランスだったら、その土地が合わなければ場所を変えれば良いだけです。
失うものなんて対してないので興味があれば、考えてもしょうがないことに悩まず移住してしまえ!と思います。

僕は、移住して今の暮らしに満足しています。

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


-フリーランス

執筆者:

関連記事

忙しいフリーランスはカンバン方式で柔軟なスケジュール管理

こんにちは。DENです。 今回は、仕事のスケジュール管理方法をご紹介します。 僕はフリーランスとしてリモートワークをするようになってから、スケジュール管理についてこのような悩みを抱えていました。 複数 …

ライティングのクラウドソーシングはブラック業者に要注意!

こんにちは!DENです! 嫁がクラウドソーシングでライティングの仕事を始めました。 【初心者ライターの実態】パソコン超初心者の嫁がクラウドソーシングでライティングをやってみた はじめの頃は文句を良いな …

【入って損なし】無料のフリーランス損害賠償保険で身を守ろう

フリーランスには会社という後ろ盾がないので、基本的には自己責任の世界。 僕がやっているエンジニアという仕事も、常に過失が発生する可能性があります。 もしも業務上で事故を発生させて、損害賠償の請求をされ …

フリーランスが嫁にプログラミングを教えてみた失敗談

ある日突然、嫁が「プログラミング勉強しようかな〜」なんて言い出しました。 おお!それは良い! プログラミング覚えてくれれば、僕は一人では受けれないような大きな仕事を受けれるようになるし、 嫁は、僕から …

【フリーランス】リモートワークの苦悩。プライベートの時間が無くなる?

通勤や職場の人間関係から解放されて、自由に仕事が出来るリモートワーク。 でも実際にやってみると、そんな生易しいものではありませんでした。 次から次に出てくるタスク。 頭の中は朝から晩まで仕事のことばか …

プロフィール

このサイトを運営しているDENです。
アングラーのフリープログラマー。 主にプログラミングと釣の話を発信しています。
プログラミングで自由になり思う存分に釣りをしまくる生活実践中。
詳しいプロフィールはこちら 
フォスターフリーランス